• ホーム
  • 性病に感染したときにはすばやい対応を

性病に感染したときにはすばやい対応を

心配している男性

性病に感染したことが分かったら、とにかくすばやく対応することが大事です。
性病というのはなかなか人に言うのが恥ずかしく、病院に行くのも戸惑ってしまいます。
誰かに見られたらどうしようとか、他の人にばれたくないなどという気持ちから、ついつい治療をあとに伸ばしてしまいがちです。
しかし、性病は感染が分かってすぐに対応したほうがダメージが少なくてすみます。
また、パートナーなどに二次感染させてしまうことも防げます。

対応としては、まずは医者に行くことです。
そのためには、自分の体を普段からよく観察しておき、何かおかしいなと感じたらすぐ気づけるようにしておきましょう。
たいていの性病では、ある程度症状が出ますので、知っておくことも必要です。
たとえば男性の場合には性器からうみが出たり、腫れたり、かゆみがあったりというのがよくある症状です。
病院で診断してもらい、もし病気でなければそれで安心できるので、あまり迷わずにさっと受診するのがおすすめです。

女性の場合、あまり症状がでないことが多いです。
しかし月経のリズムが崩れたり、分泌物がいつもと違ったり、人によっては腹痛を感じることもあるようです。
身に覚えがある場合には、パートナーと相談して二人で病院を受診するのがおすすめです。
病院の何科を受診すれば良いか迷うと思いますが、男性の場合には泌尿器科、女性の場合には婦人科がかかりやすいでしょう。
もし腹痛などの症状があるようなら、まず内科にかかって相談することも可能です。
どうしても泌尿器科や婦人科を受診する勇気がないと言う場合には、かかりつけの内科にまずかかってみるのもいいかもしれません。
いちばんよくないのは、病院に行かずネットなどの情報で一喜一憂することです。

関連記事
軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも 2019年09月05日

日本ではあまり患者はいませんが軟性下疳(なんせいげかん)という性病があります。似た名前で硬性下疳(こうせいげかん)というものもありますが両者は異なる原因菌による...

日本人に多い性病クラミジアの治療は自宅でもできる 2019年08月07日

性病というのは、パートナーとの性行為が原因で、感染する病気のことをいいます。日本国内において、特に多いと報告されているのが、クラミジアです。その感染者数は国内で...

性病の症状とそれに対する薬と治療について 2019年06月22日

性病には様々な症状があることが知られていますが、その中でもクラミジア、淋菌感染症、梅毒、は多くに人に認知されている病気です。クラミジアは正式にはクラミジア感染症...

性病を感染予防する為の心構え 2019年07月22日

性病とは性的接触により感染する病気の事で、STD(Sexually Transmitted Diseaseの略)とも呼ばれています。有名なのはエイズ、淋病、梅毒...

症状が現れない場合もある危険な性病 2019年05月21日

性行為をしたことがある人であれば、誰でも性病にかかる可能性があります。自分だけは性病にならないだろうという風に考えるのではなく、きちんと気を付けておかなくてはな...