• ホーム
  • 性病の症状とそれに対する薬と治療について

性病の症状とそれに対する薬と治療について

考える男性

性病には様々な症状があることが知られていますが、その中でもクラミジア、淋菌感染症、梅毒、は多くに人に認知されている病気です。
クラミジアは正式にはクラミジア感染症と呼ばれ、微生物によって引き起こされる性病です。
あらゆる性行為によって感染をしますが、特に女性においてはあまり症状を感じないことでも知られています。
感染をすると、男性の場合では尿道炎や精巣上体炎を起こしたり、女性の場合には子宮頚管炎や卵管炎や腹膜炎を引き起こす場合があります。
治療に関しては1週間程度の抗生剤を用いた投薬が行われており、約2週間程度での完治が可能となります。

淋菌感染症は男性に多い性病として知られており、感染率も約30%と高く、同時にクラミジアにも感染をしていることが多い病気です。
淋菌という細菌によっt引き起こされ、放置をした場合には炎症が醜くなり、膿が出るようになります。
通常、2~5日間の潜伏後に発症をし、症状は男女によって違いがあります。
治療方法としては1週間程度の投薬で収まることが知られていますが、注意をしなければならないのは耐抗生剤を獲得している淋菌が多くなってきているということです。

梅毒は昔から良く知られた性病の1つですが、HIV感染もしやすくなるなど、危険な病気の1つにもなっています。
感染をすると約3週間程度で発症をし、股の付け根のリンパ節が腫れ、感染した箇所にしこりが現れます。
その後症状が進行するにつれて第1期から第4期まで症状は進んでいきます。
現在においては、第3期や4期にまで進行することはほとんどなく、その前に薬による治療で症状は回復します。
主にペニシリンの投与が行われ、各症状に合わせての投与がなされています。
性病に関しては、他にも様々な症状があります。
今回は紹介しきれなかったコンジローマの治療薬のベセルナクリームや、カンジダ治療薬のカーネステンなど、もっと知りたいという方はネットで検索してみるといいでしょう。
また、そのほとんどは性行為によって感染をすることを理解しておく必要があります。

関連記事
軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも 2019年09月05日

日本ではあまり患者はいませんが軟性下疳(なんせいげかん)という性病があります。似た名前で硬性下疳(こうせいげかん)というものもありますが両者は異なる原因菌による...

日本人に多い性病クラミジアの治療は自宅でもできる 2019年08月07日

性病というのは、パートナーとの性行為が原因で、感染する病気のことをいいます。日本国内において、特に多いと報告されているのが、クラミジアです。その感染者数は国内で...

性病を感染予防する為の心構え 2019年07月22日

性病とは性的接触により感染する病気の事で、STD(Sexually Transmitted Diseaseの略)とも呼ばれています。有名なのはエイズ、淋病、梅毒...

性病に感染したときにはすばやい対応を 2019年06月02日

性病に感染したことが分かったら、とにかくすばやく対応することが大事です。性病というのはなかなか人に言うのが恥ずかしく、病院に行くのも戸惑ってしまいます。誰かに見...

症状が現れない場合もある危険な性病 2019年05月21日

性行為をしたことがある人であれば、誰でも性病にかかる可能性があります。自分だけは性病にならないだろうという風に考えるのではなく、きちんと気を付けておかなくてはな...