• ホーム
  • 性病を感染予防する為の心構え

性病を感染予防する為の心構え

悩んでいる男性

性病とは性的接触により感染する病気の事で、STD(Sexually Transmitted Diseaseの略)とも呼ばれています。
有名なのはエイズ、淋病、梅毒、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスなどで、いずれも接触感染が主な感染経路となっていますが、まれに飛沫感染や母子感染なども有り得ます。

性病は感染するととても危険な病気から少々恥ずかしかったりする病気まで様々ですが、感染予防の為に必要な心構えとは、まず何よりもコンドームを使用する事です。
これは挿入時だけでなく、オーラルセックスなどの時にも当てはまります。
性病は性器以外にも口腔内から感染し得るからです。
また、感染予防の為の心構えとして、セックスの相手を必ずパートナー一人に限定し、お互いが性病に感染していないか確認しましょう。
性病検査は郵送でキットを送ってもらえたり、病院の他にも保健所で匿名で行ってもらえたりするので、人に知られずに済みます。
そして、不特定多数と関係を持たないようにしましょう。
感染した場合、感染源が分からずに再発する恐れがある為です。

また、お互いの身体を清潔に保つ事も重要です。
例えば、男性の例になりますが、男性器の恥垢にはヒトパピローマウイルスというものが潜んでいます。
このヒトパピローマウイルスが良性型だと、尖圭コンジローマの原因になります(悪性型の場合は子宮頸がんになる可能性があります)。
その為、局部は丁寧に洗いましょう。
しかし、洗い過ぎにも注意が必要で、傷が出来てしまうとそこから感染してしまう事があります。

これらはセックスを行う時、感染予防の為の基本的な心構えです。
正しい知識を持ち、実行する事で大部分を防ぐ事が出来ます。
大事なパートナーを傷付けない為にも、必ず行いましょう。

関連記事
軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも 2019年09月05日

日本ではあまり患者はいませんが軟性下疳(なんせいげかん)という性病があります。似た名前で硬性下疳(こうせいげかん)というものもありますが両者は異なる原因菌による...

日本人に多い性病クラミジアの治療は自宅でもできる 2019年08月07日

性病というのは、パートナーとの性行為が原因で、感染する病気のことをいいます。日本国内において、特に多いと報告されているのが、クラミジアです。その感染者数は国内で...

性病の症状とそれに対する薬と治療について 2019年06月22日

性病には様々な症状があることが知られていますが、その中でもクラミジア、淋菌感染症、梅毒、は多くに人に認知されている病気です。クラミジアは正式にはクラミジア感染症...

性病に感染したときにはすばやい対応を 2019年06月02日

性病に感染したことが分かったら、とにかくすばやく対応することが大事です。性病というのはなかなか人に言うのが恥ずかしく、病院に行くのも戸惑ってしまいます。誰かに見...

症状が現れない場合もある危険な性病 2019年05月21日

性行為をしたことがある人であれば、誰でも性病にかかる可能性があります。自分だけは性病にならないだろうという風に考えるのではなく、きちんと気を付けておかなくてはな...