• ホーム
  • 症状が現れない場合もある危険な性病

症状が現れない場合もある危険な性病

考えている男性

性行為をしたことがある人であれば、誰でも性病にかかる可能性があります。
自分だけは性病にならないだろうという風に考えるのではなく、きちんと気を付けておかなくてはならないのです。
特定な人だけではなく、不特定多数の人と性行為を行うような人の場合は特に気を付けなくてはなりません。
性病にかかってしまった場合には、自分でもわかるような異常が起きる場合もあれば、自覚症状が現れないような場合もあります。
自覚症状が現れないとなると、症状がどんどん悪化していく可能性もありますし、他の人と性行為を行えばその人にうつしてしまう可能性が出てきますので、とても危険になります。
性病にかかってしまう事によって、不妊症などの原因になってしまう事がありますので、将来子供が欲しいと望んでいるのであれば、性病にかからないようにしなくてはならないのです。
そこで、性病にかからないようにする為には、予防をしていく必要があります。

性病を予防するためには、コンドームを使用することです。
正しく装着することによって、性病にかかる危険性を軽減することが出来るようになるのです。
その他の方法としては、性行為を行う前にシャワーを浴びるようにしておくことも有効的です。
シャワーを浴びることによって、危険な病原菌を洗い落とすことが出来るようになります。
病気にならないようにする為には、不特定多数の人と性行為を行わないようにすることも大切です。
病気を持っていない自分のパートナーとだけ性行為をしていれば、危険を回避することが出来るようになります。
自分の行動が自分やパートナーを傷つけることになってもいけませんので、責任を持った行動をするようにしておかなくてはなりません。

関連記事
軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも 2019年09月05日

日本ではあまり患者はいませんが軟性下疳(なんせいげかん)という性病があります。似た名前で硬性下疳(こうせいげかん)というものもありますが両者は異なる原因菌による...

日本人に多い性病クラミジアの治療は自宅でもできる 2019年08月07日

性病というのは、パートナーとの性行為が原因で、感染する病気のことをいいます。日本国内において、特に多いと報告されているのが、クラミジアです。その感染者数は国内で...

性病の症状とそれに対する薬と治療について 2019年06月22日

性病には様々な症状があることが知られていますが、その中でもクラミジア、淋菌感染症、梅毒、は多くに人に認知されている病気です。クラミジアは正式にはクラミジア感染症...

性病を感染予防する為の心構え 2019年07月22日

性病とは性的接触により感染する病気の事で、STD(Sexually Transmitted Diseaseの略)とも呼ばれています。有名なのはエイズ、淋病、梅毒...

性病に感染したときにはすばやい対応を 2019年06月02日

性病に感染したことが分かったら、とにかくすばやく対応することが大事です。性病というのはなかなか人に言うのが恥ずかしく、病院に行くのも戸惑ってしまいます。誰かに見...