• ホーム
  • 軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも

軟性下疳という性病は病変部に少量の出血することも

日本ではあまり患者はいませんが軟性下疳(なんせいげかん)という性病があります。
似た名前で硬性下疳(こうせいげかん)というものもありますが両者は異なる原因菌によるもので別のものです。

軟性下疳は軟性下疳菌による性病で、硬性下疳は梅毒菌による梅毒の一症状を指します。

さて、軟性下疳はアフリカや南米、東南アジア地域に多い性病です。
日本でも昔は今よりは患者も多かったのですが優れた医薬品の登場のよりほとんどみられなくなりました。
しかし、完全になくなったわけではありません。

性行為などの接触感染で軟性下疳菌に感染した際の潜伏期間は数日で自覚症状を伴った発症は早いです。
たとえば亀頭部ならば発赤から始まり痛みのある丘疹が形成され潰瘍を生じ、少量の出血を認める場合もあります。
病変部が尿道に及ぶこともあります。

それとあわせて鼠径部のリンパ節(太ももの付け根あたり)は腫れて強く痛み化膿し、後に破れて出血を伴い膿が漏出します。

また、軟性下疳の感染は性器や陰部だけではなく口腔部にも感染します。
この場合は扁桃腺が腫れ、口内に痛みのある潰瘍を生じますが目視上で出血しているかどうかの判別はつきにくいです。

治療は抗生物質の服用や注射、そして潰瘍部には外用薬で行います。
治療に要する日数は1~2週間ほどですが、症状の程度によっては更に日数を要する場合があります。

この性病に罹るとHIVにも感染しやすくなる点が指摘されています。
そういった点も含めて感染を拡げぬように患者本人の治療はもちろんのこと、患者と関わりのある性的接触者の検査と感染していた場合の治療も大切になってきます。

なお、軟性下疳は適切な治療により完全に治癒可能な性病です。

関連記事
性病を検査してくれる病院選びと保険で適用できる金額 2019年12月07日

性病は、長い人生を健康で快適に暮らすためにきちんと処置しておく必要があります。また、男女の出会いは体を求めて相手を自分のものにするためにいろいろ性交をして気分を...

性病、子宮全摘、性器ヘルペスについての解説 2019年11月03日

性病とは、「性的接触により感染する病気」として定義される病気で、正しくは「性感染症」と言い、STD、STIとも言います。10種類以上の性病がありますが、主なもの...

岐阜市で性器クラミジア感染症が疑われたら早めに検査 2019年10月05日

岐阜市には多くの医療機関がありますが、性病の検査や治療目的に病院やクリニックに訪れている人も少なくありません。性病は早く治さないと悪化が進んでしまうこともありま...

日本人に多い性病クラミジアの治療は自宅でもできる 2019年08月07日

性病というのは、パートナーとの性行為が原因で、感染する病気のことをいいます。日本国内において、特に多いと報告されているのが、クラミジアです。その感染者数は国内で...

性病の症状とそれに対する薬と治療について 2019年06月22日

性病には様々な症状があることが知られていますが、その中でもクラミジア、淋菌感染症、梅毒、は多くに人に認知されている病気です。クラミジアは正式にはクラミジア感染症...